ボジョレーヌーボーが11月15日(木)解禁!ワイン素人が語る魅力【ランキング】

2018年のボジョレーヌーボー解禁日がやってきた!ランキング形式でボジョレーの魅力を語ります!

正直、ビール派だからワインはあまり詳しくないんだけどね。

けいこちゃん

なぜ記事を書こうと思った?
この時期に急に湧いてくる、ワイン語りたい病の「にわかソムリエ」だね。

せれにゃん

けいこちゃん

ワールドカップで急にざわつく奴らと同じ人種だろ!!
まぁまぁ、話だけでも聞いてみようよ!

せれにゃん

ちなみに、ボジョレーヌーボーとは?

毎年、11月の3週目の木曜日に解禁される、同じ年に収穫されたブドウを用いた赤ワインの事です。

フランスのボジョレー地区で作られたワインで、ヌーボーは「新しい」という意味です。

およそ9月に収穫したブドウです。早いですね。速攻で作るため、通常のワインとは製造方法が違うらしいです。

解禁日が決まっているのは、早出し競争を防ぐため。

とにかく早く!このボジョレーヌーボーの魅力は、早さにあります。

けいこちゃん

ワインは何年も寝かせた方が美味しくて価値が上がるのに、ボジョレーヌーボーは真逆の考え方なんだね。
最大の輸出国は日本で、海外での評価はイマイチらしい。

日本では、一種のイベント感覚で定着したから、毎年話題になっている側面があるね。

あと、ワインの味で大切な要素である「渋み」が少ないから、普段ワインを飲まない人も飲みやすい、という特徴があるよ。

せれにゃん

ただ本来は、今年のブドウの品質を確かめるために作る試作品的な立ち位置のため、価値は低いワインです。

故に、お高いイメージのあるワインが、安価で飲めるので、より素人には手に取りやすい、という理由もあります。

それでは、ボジョレーヌーボーの魅力を語ってみる!

毎年話題になるキャッチコピーが面白い!

ご存知の方がほとんどだと思いますが、解禁と同時に公開される、売り出し文句のキャッチコピーが「どないやねん!」と言わせるシュールな内容。

年号 キャッチコピー
1998 「10年に1度の当たり年」
1999 「品質は昨年より良い」
2000 「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
2001 「ここ10年で最高」
2002 「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」

「1995年以来の出来」

2003 「100年に1度の出来、近年にない良い出来」
2004 「香りが強く中々の出来栄え」
2005 「ここ数年で最高」
2006 「昨年同様良い出来栄え」
2007 「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
2008 「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
2009 「50年に1度の出来栄え」
2010 「2009年と同等の出来」

「今年は天候が良かった為、昨年並みの仕上がり。爽やかでバランスが良い」

2011 「2009年より果実味に富んだリッチなワイン」

「出来が良く、豊満で絹のように滑らかな味わい」

2012 「ボジョレー史上、最悪の不作」

「糖度と酸度のバランスが良く、軽やかでフルーティーな仕上がり」

2013 「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」
2014 「2009年の50年に一度のできを超える味わい」

「エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい」

2015 「今世紀で最高の出来」
2016 「エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた、上品な味わい 」
2017 「豊満で朗らかで、絹のようにしなやか。しかもフレッシュで輝かしい」

けいこちゃん

毎年、10年に一度の逸材が出てくる高校球児みたいだな。

てか、2012年だけどうした!?

よほど悪かったんだろうね。。

もはや、このキャッチコピーとボジョレーヌーボーはセットになっているため、毎年楽しみにされてるワケね。

せれにゃん

ちなみに、今年は「2017年、2015年、2009年と並び珠玉のヴィンテージとして歴史に刻まれる」だそうです。

つまり、今年のボジョレーヌーヴォーは、豊満で朗らかで絹のようにしなやかで、フレッシュで輝かしい、50年に一度出来栄え、且つ今世紀最高の出来として、歴史に刻まれる珠玉のヴィンテージ!

という事ですね。

料理に合うし、ディナーが最高に豪華になる!

けいこちゃん

渋みがなくて、フルーティな口当たりだから、料理には合わせやすいね。
バゲットでアヒージョを作ってみたり、今流行りのフォカッチャと合わせても良いかもね!

ワインの酸味は、舌をリセットしてくれる効果があるんだよ!

せれにゃん

けいこちゃん

肉には赤ワイン、魚は白ワイン、って決まってるもんね。

そういえば、この時期だけ普段食べない豪華なモノを食べたくなるね。

そういう意味でも、味覚的に良い刺激になるね!

洋食屋のお店は、クリスマスに勝るとも劣らぬ、かき入れ時になるかもね。

せれにゃん

けいこちゃん

日本人は、豪華な夕食を想像すると、ステーキとか赤ワインを思い浮かべるよね。

寿司とか日本酒じゃなくて。不思議だよな~。

そうそう、ボジョレーヌーボーは日本人の憧れをやんわりと実現出来る、コスパ最強のワインなのかもしれないね!

せれにゃん

大体、ボジョレーヌーボーの価格は、1本で3000円~4000円位が相場です。

ちなみに、時差の関係などで日本は世界で最も早く、ボジョレーが解禁される国。

新しいモノ好きの日本人にとっては、「世界一早い」というのは、良い響きですね。

美味しい飲み方は、キンキンに冷やしてはダメで、冷蔵庫に1時間ほど入れた後飲むと良いらしいです。

ワインを知った気になれる・優越感に浸れる。

けいこちゃん

結局、身も蓋もない結論になったな。
悪い意味ではなくて、初心者に取っ付きやすいって事!

毎年行われる、ワイン入門イベントと思えば、素直に楽しめるんじゃない?

せれにゃん

けいこちゃん

ワイン通に言わせれば、ボジョレーは調和のない味で、香りが少なく、深みがないそうだね。

んー。わたしには、わからんわ~。

逆にいえば、フルーティで雑味と苦みがなく、飲みやすいとも言える。

ボジョレーでワインを知って、そこから色々なワインを勉強するキッカケになれば良いね。

せれにゃん

以上、ボジョレーヌーボーの魅力ランキングでした!!

けいこちゃん

とりあえず、日本人がミーハーで新しいモノ好きなんだというのは、改めてわかった!

でも、毎年色んな意味で話題になるのは、面白いね!!

そうだね。それにしても、この前まで暑いなと思ってたら、いつの間にかハロウィン、ボジョレー、クリスマス、気付いたらお正月になってそうだね。

一年は早いね。

せれにゃん

けいこちゃん

ちょっと早いけど、一年を振り返りながらワインを味わうのも乙、ですな!

うっぷ、なんか急に気持ち悪くなってきた、お、おぇぇぇ!!

ボジョレーはアルコール9度はある上に飲みやすいから、ゆっくり飲まないと悪酔いするし、すぐ回るから気を付けて…。

せれにゃん