【競馬】明日はオークス!本命はアーモンドアイ!

競馬の事は競馬ブログに書くんですけど、今回はこちらでも触れてみます。

本命は「アーモンドアイ」

いつもは穴党なのですが、今回はガチガチの本命予想です。

この時期は中央競馬のCMもバンバンやっていますけど、特に楽しい季節です。

6週連続G1があるのと、今週は女王決定戦「オークス」、そして3歳牡馬頂点を決めるダービーがあります。

最近、競馬が楽しみで楽しみで土日が待ち遠しくて、負けた日曜日の夕方は何とも言えない鬱蒼とした心理になるのは、競馬好きの宿命でしょうか。

盛り上がっている今こそ、ブロガーとして当てたいというのも、正直なところ。

少し競馬にご興味がある方は、姉妹サイトの方もよろしくお願いします。

Kzblog競馬

https://keiba.kzblog.jp/2018/05/19/orks2018/

ちなみに、競馬予想は競馬ブログでやっているので、「競馬業界」のお金の話をします。

競馬とは、主に中央競馬会、通称JRAがやっているレースを指すと思いますが、売上は2兆5千億位、

日本トップレベルの大企業ぐらい、1コンテンツだけで売っているわけだ。

売上の約75%が払戻金として馬券的中者に分配され、残った約25%のうち、10%は国庫納付金に、それ以外の15%はJRAの利益になるそうだ。つまり、胴元は絶対に儲かる仕組みなんだね。

そして、負けた馬券は、国に納めているようなもんだね。

地方競馬の売上もうなぎのぼりのようで。やはり、スマホで馬券が買える時代になった、ってのが大きいよなー。

大学生の頃はウインズという、馬券売り場にわざわざ出向いてたけど、家で快適な空間で予想できるようになったわけで、勿論来場者数はどんどん減っているらしい。

この間、キタサンブラックが生涯賞金額18億(歴代2位)で引退したが、競馬の賞金なんて案外どうでもよくて、実際は種牡馬になった時に大きくお金が動く。

あのディープインパクトは、種付け料4000万です。キタサンは500万。

生涯賞金ではキタサンの方が上ですが、ディープインパクトは、まぁやればやるだけ儲かるワケです。(男として羨ましい限りです。)

牝馬は子を産めるのは年1回だけど、牝馬が強くないと強い産駒は生まれないから、結局どちらも大事。

そういう背景も考えると、頂点決定戦のオークスやダービーは面白いんですよね。

競馬ビジネス…恐るべし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です