仮想通貨の事を改めて書いてみる。

仮想通貨バブル→コインチェック事件を改めて振り返る

けいこちゃん

コインチェック事件があって、しばらく経つけど、今はどうなっているの?
更に前にマウントゴックス事件というのがあって、また当時もバブルになったワケだから、またじきに加熱するかもね。

せれにゃん

もはや社会現象ともいえた、仮想通貨バブル。

まぁ確かに、当時は(といってもこの間の話だけど)仲間と飲みにいこうものなら、

仮想通貨の話ばかりになっていた。そりゃあ、バブル時代を知らない僕らに、

勝手にお金が増えていくような仕組みが身近に手に入るんだから、心が躍らない筈がない。

 

正月明けぐらいかな、コインチェックとビットフライヤーに登録し、なけなしの5万円位を入金して、ビットコインとイーサリアム、リップルを手に入れた。

増えたり減ったりを繰り返して、ドキドキしたものだ。

ただ、始めるタイミングが悪すぎた。中国やら各国で規制が叫ばれて、まだ仮想通貨は時期尚早なんじゃないか、みたいな。悪い方向の風潮になって、値が下がり始めた。

んで、僕はすぐ8割位を売った。周りにン百万稼いだとか、景気の良い話をしてた人は、恐らく噂が出始めた2017年かそれ以前から始めた人だろうね。なんでも、みんながやり始めた時は、既に遅しって事と学んだ。

そんな流れからのコインチェック事件。当時はこのブログは開設前で、Naverまとめを更新していた。

k層通過の記事を書いただけで一日で3万アクセスいったのは驚いた。Naverとはいえ、初心者のブログで3万はけっこー凄い事だと思う。ちなみに、ほぼ同時期に書いた「はれのひ」事件は、2000位だった。

どちらも、騒動以降はほぼアクセスは皆無になったけど。最終的には5万3千アクセスでほぼストップ。

んで、久しぶりにビットフライヤーのアプリを開いてみた。

確か2500円位残してたんだけど、あらら増えてます。

2倍とまではいかないけど、160%増えるって、凄いよね。競馬は毎日必死で考えて考えて、120%の回収率で良い方だからね。こっちは、寝てるだけで増えていくわけだ。

ホリエモンとか落合陽一とか、リテラシーの高い人の話を聞くと、仮想通貨の時代が絶対来るそう。

その言葉を信じるなら、ほとぼりが冷めている今、実は一番のチャンスなのかもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です